ページの先頭です

坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

坐骨神経痛のイメージ

「坐骨神経痛」とは、お尻や太ももの後面、側面、ふくらはぎや足の裏などにしびれやジンジンとした痛みが起こる状態で腰から延びて太ももを通り足の裏まで通っている坐骨神経が何らかの原因で圧迫され刺激を受けて症状が出ています。
あくまで症状名であって、病名ではありません。

痛みやしびれが出ている部分に原因がある事もあるのですが、太ももの裏などに痛みが出ている場合などは腰に原因がある事も多くあります。坐骨神経のどの部分が刺激を受けているのかで痛みの発生箇所が異なってきます。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛を起こす原因はさまざまです。一般的には以下のような原因が考えられます。

1.腰椎椎間板ヘルニア
2.腰椎滑り症または分離症
3.腰部脊柱管狭窄症
※坐骨神経痛は腰痛持ちの方に多い症状です。上記につきましては「腰痛について」をご参照ください。

4.梨状筋症候群

梨状筋はお尻の中の筋肉で血行不良などで硬くなっていたりうまく使えていない場合に坐骨神経を刺激して痛みの原因となります。主にデスクワークの方に多く座ると痛みが出てくるのが特徴です

5.脊髄または骨盤内の腫瘍

腫瘍が原因になって痛みが出てくることもあります。動かなくても痛みがある場合などは整形外科などでの診断をお勧めします。

6.原因不明の坐骨神経痛

病院などで検査をしても特定できない事もよくあります。糖尿病やストレスなどが原因となっていることも多いです。

坐骨神経痛の治療法

当院では、坐骨神経痛に対しては、腰部、臀部、下肢への整体マッサージを行い、凝りを取り除き鎮静、鎮痛効果をはかります。血行やリンパの流れを整え循環改善を行います。腰部やお尻の筋肉の硬化が原因となっている神経痛にとても有効です。
また鍼療法では神経の圧迫の原因となっている筋肉やツボなどに刺入して緊張を取り弛緩をはかり血液量を増加させ炎症を抑えます。神経痛の起きている経路に沿って鍼に電気を流すパルス療法もとても効果が期待できます。

※施術の効果には個人差があります。

坐骨神経痛の予防方法

原因が特定できない坐骨神経痛も多く、日頃の不良姿勢や運動不足から筋肉が衰え神経痛として症状が現れていると思われます。猫背なども体幹に大きく影響し神経痛の原因となっていることも考えられます。
何度も神経痛を繰り返したり症状の期間が長い場合などは日ごろの生活習慣や良い姿勢を心がけましょう。

地図イメージ
※お車でご来院の際は、当院の正面の駐車場をご利用ください。
建物に対し横づけの状態で1台ご利用いただけます。

春日部の口コミ整体!

東洋つばさ治療院

【住所】埼玉県春日部市米島1008番地39号
【アクセス】東武野田線南桜井駅徒歩7分
【ご予約・お問い合わせ】 048-746-8665
【営業時間】月曜~ 日曜:9:00~19:00
※毎週木曜日、第2・第4水曜日が定休日です。
※予約優先となります。
>>WEBからの予約はこちら